牡蠣の種類

牡蠣にも様々な種類があり、それぞれに旬があります。今では一年中食べられる牡蠣ですが、生牡蠣をいただくとなるとそれぞれの旬を意識することでしょう。牡蠣の種類と旬を知り、季節とともに牡蠣を楽しむのもまた一興です。

 

我々が最も頻繁に口にする牡蠣は冬に採れる牡蠣と夏に採れる牡蠣で、もちろん別個の種類です。冬に採れる牡蠣は真牡蠣と言い、広島県や宮城県で多く採れます

 

ほとんどは養殖であり、最も流通量の多い本種は牡蠣の最も代表的な種類と言えます。逆に夏に採れるものは岩牡蠣と言い、真牡蠣に比べて大ぶりなのが特徴です。

 

旬は6月から7月までで短く、おおぶりな岩牡蠣を生で楽しみたいならこの旬の季節をしっかり抑えておく必要があります。岩牡蠣は真牡蠣と違い天然物もそれなりに流通しており、牡蠣好きが追い求める上等なものが多いのです。

 

その他、一般にはあまり流通しない種としてスミノエガキやシカメガキがあります。いずれも産地近くで食べられていますが外に向けて出荷されないため、地元の方以外はあまり口にする機会がありません。

 

牡蠣の産地を巡って、こういったあまり口にする機会の無い牡蠣を楽しむ旅というのも牡蠣好きならば楽しいのではないでしょうか。

 

牡蠣は外国産も多くありますが、鮮度の問題で外国産牡蠣は生食はあまりされません。むしろ加工食品として産地を意識せず食べていることがほとんどでしょう。冷凍食品などにもよく用いられています。