大人の舌を唸らせる牡蠣料理

牡蠣はお酒のお供に優秀な食材であり、特に大人の方に好まれる様々な料理法が存在します。カキフライやバターソテーなど、大人から子供まで楽しめる一般的な料理もいいですが、少しのアレンジで大人がさらに喜ぶ料理を作ることも容易です。

 

参考:お酒によくあう牡蠣料理 子どもが食べやすい牡蠣料理

 

牡蠣は意外にも辛味との相性が良い食材です。香辛料をタップリと使った牡蠣のレシピはビールも進み、お父さんも大満足です。

 

辛い牡蠣料理と言えば真っ先に思いつくのはキムチ鍋でしょうか。牡蠣に合うように味付けをする場合、キムチとともにしょうがやにんにくをしっかりと効かせることが美味しくいただくポイントです。

 

キムチの辛味もしっかりスープに伝えたいところで、キムチの素を使うのが手軽でおすすめです。辛味で味が引き締まり、それと対照的に牡蠣の濃厚な甘みが引き立ちますよ。

 

同じく絡みを効かせた牡蠣料理として、中華炒めもおすすめです。こちらには豆板醤やコチュジャンなどを使い、しっかりと辛味付けをしましょう。

 

味付けはオイスターソースなど濃厚な物を使うと、ソースの濃厚さと豆板醤やコチュジャンの辛味、そして牡蠣の甘み旨みが良いコントラストとなり、それぞれが引き立つ絶品となります。

 

牡蠣以外の具材も甘みが出るものを選び、その分辛味を多めにすると、辛いのに箸が止まらない旨みたっぷりの激辛料理となり、辛い料理がそれほど好きじゃない人にも美味しく食べてもらえると思います。

 

牡蠣は濃厚な旨みが特徴ですので、その旨味を強調させるようなコントラストを常に意識して料理したいものです。

 

また、牡蠣以外にも海の生物には貴重な栄養を持つ食材がたくさんあります。たとえば、青魚なら血液をサラサラにするといわれるDHA&EPAを持っています。主に血流を改善するサプリとして認知されているようです。