子どもが食べやすい牡蠣料理

大人にはお酒のアテとして絶大な人気を誇る牡蠣ですが、子供の中には牡蠣が苦手という人は少なくありません。

 

牡蠣を嫌いな子供の多くが、ニオイや食感が苦手だと言っています。子供に美味しく牡蠣を食べてもらうにはこの辺りをなんとか工夫する必要があります。

 

牡蠣の臭みを隠しつつ美味しさを引き出す相性のいい食材として、トマトがあります。牡蠣の旨みとトマトの酸味は相性が良く、さらに牡蠣の生臭さもうまい具合にマスキングしてくれるため、牡蠣が苦手な子供に食べてもらうにはうってつけです。

 

さらにトマトは子供が大好きなチーズとも好相性なため、これらを組み合わせた牡蠣料理が子供にはオススメです。

 

もっとも単純なレシピとして、牡蠣のトマトチーズ煮込みがあります。コンソメやブイヨンベースにトマトジュースやホールトマトを加えたスープを作り、トマトの酸味に負けないような甘みの出る玉ねぎやセロリ、にんじんなどの香味野菜をたっぷりとバターで炒めてからスープに投入し、牡蠣を一緒に煮込みます。

 

あとは、仕上がりにとろけるチーズを適量加えて溶けるまで温めるだけです。このレシピは牡蠣だけでなく野菜もたくさん美味しく食べることができ、美味しいだけでなく体にも優しく、栄養たっぷりのスープも一緒にいただくことで満足感も高いのです。

 

子供に牡蠣と一緒に野菜もたくさん食べさせることのできるこのレシピ、一度試してみてはいかがでしょうか。