全国各地で有名なブランド牡蠣

牡蠣の有名な産地では取れた牡蠣にブランド名を付けて販売しているところも多くあります。それぞれ独特の技法や育て方の元で作られた漁師の努力の結晶であり、ブランドで指名買いする人も増えてきています。ブランドとその特徴を知り、好みのブランド牡蠣を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

まず北海道で生産されている「カキえもん」というブランドがあります。この牡蠣は、旬が限られる真牡蠣において唯一、一年中の出荷が可能となっているブランド牡蠣です。

 

その秘密は北海道という場所柄を生かし、夏でも水流の温度が低いところを選んで育てることで夏場の出荷も可能にしているという点です。

 

身は肉厚で食感が良く、味も濃厚で牡蠣の旨味が詰まっています。北海道の豊かな大地と気温の低い位置条件を上手く活かした、まさに地元に根付くブランド牡蠣と言えるでしょう。

 

同じく北海道の寿都で生産される「寿牡蠣」というブランドもあります。北海道の水温が低い海流で育てられる真牡蠣である寿牡蠣は、本州のそれと比べると身がやや小ぶりですが、その代わり水質が特にきれいな清流を選んで育てられているため臭みがなく非常に癖のない味なのです。

 

毒素や有害物質を生体濃縮しやすい構造である牡蠣ですので水質の良さは大きなメリットであり、美味しいだけでなく安全性も高く、安心して食べることができます。ブランド名の字面もあり、おめでたい席に用いられることも多い上等な牡蠣なのです。