牡蠣の栄養と効能を紹介

牡蠣は他の食材から摂りにくい様々な栄養素が豊富な、貴重な栄養源です。

 

海のミルクなどと呼ばれていますが、牡蠣には栄養面でも特徴的な点が多く、特定の栄養素を補給したいがために牡蠣を食材として選択する人も多いほど栄養補給に有用な食材なのです。

 

牡蠣の栄養は肝臓はもちろん腎臓にも良い働きをするためおすすめの食べ物です。また、腎臓に良い栄養だけを効率よく補給するのであればこちらの腎臓サプリメントのサイトをご参考ください。

 

亜鉛

 

まず牡蠣は海産物らしく、ミネラルが極めて豊富です。その中でも牡蠣といえば亜鉛の含有量に優れます。亜鉛は必須ミネラルの一つで味蕾を構成する成分の一つです。

 

亜鉛が不足すると舌の味蕾が機能不全に陥ります。味蕾は味を感じるための器官ですので、これが働かなくなると食事が美味しくなく感じてしまったり、実際は味が薄くないのに薄く感じて塩分を取りすぎてしまったりなどの弊害が発生します。

 

亜鉛は比較的摂りにくい栄養素ですので、知らぬ間に味蕾の機能減退が進んでいたというのもよくある話です。また他のミネラルとして鉄分やカルシウムなども豊富です。

 

タウリン

 

その他に特徴的な栄養素と言えばタウリンです。タウリンは体内で重要な役割を担う分子であり、特に肝臓の細胞の修復を促進するとしてお酒飲みのためのサプリメントなどにもこのタウリンがたくさん配合されていたりします。

 

肝臓だけでなく様々な体内組織の安定化のために働いており、身体が正常な機能を維持するのに役立っています。

 

牡蠣にはこのタウリンが豊富ですので、肝臓を酷使する人にはもってこいの食材であると言えます。また全体的にビタミン類もバランスよく、タンパク質の比率も良い非常に優れた栄養価を持つ食材なのです。

 

肝臓に良いサプリのサイトなら牡蠣はもちろん、肝機能を高める成分を配合したサプリメントを紹介しています。

眼精疲労の対策にサプリが効く!

眼精疲労に効果が期待できるとされているサプリメントとして、どのようなサプリメントを摂取するのが良いのでしょうか?

 

まずβカロチンやビタミンAが配合されているサプリメントがオススメです。いわゆるマルチカロチンといわれるサプリメントとなっているのですが、眼精疲労だけではなく、ドライアイになってしまっている人にもオススメです。詳しくはこちら⇒【眼精疲労に効くサプリ特集】おすすめブルーベリーサプリ徹底比較

 

マルチカロチンの中には、ホウレン草などにも含まれているルテインも配合されていることもあります。ルテインというのは、視神経が集まっている黄斑を保護するために必要な成分となっています。

 

次にアントシアニンが含まれているサプリメントも眼精疲労に効果が期待できるとされています。アントシアニンというと、ブルーベリーに含まれている成分として知られています。

 

アントシアニンが配合されているサプリメントというのは、非常に即効性が高くなっており、4時間ほどで効果が現れるとされています。ただし、摂取をして24時間以内に成分が体外に排出されることになるため、飲み続けるようにしなくては、効果を持続させることはできません。

 

そして、DHAが含まれているサプリメントも眼精疲労に有効になっています。DHAというのは、青魚に多く含まれている成分となっており、眼球にある網膜にも含まれている成分となっています。DHAをサプリメントなどから摂取をすることによって、網膜の働きを活発にさせて、疲労を回復させやすくすることができるようになるのです。

更新履歴